種類と目的を意識するのがインテリア照明のコツ

インテリア照明は、設置する部屋の役割や広さに応じて、適切な明るさやタイプの器具を選ぶことが、空間演出効果と機能性を両立するコツです。部屋のメイン照明として一般的なのは、明るさを重視し、比較的シンプルなデザインが多いシーリングライトです。デスクには、作業の際の視野を確保するためのデスクライトが欠かせません。他には装飾性の高いデザインも豊富なペンダントライトや、天井ではなく壁に設置するブランケット、床に置くスタンドライトなどがあります。小型のものでは、テーブルランプやフロアランプなどがよく用いられます。明るさよりも雰囲気を重視する方は、スポット照明を効果的に用いた、間接照明などを上手く取り入れることが大切です。天井や壁に光を反射させることで、照明器具本来の光とは異なる演出ができます。キャンドルなど、電力以外による光源もインテリア照明に取り入れることで、さらにリラックス効果を引き出し、落ち着いた空間作りができます。

インテリア照明を活用するためのコツについて

インテリア照明は単に室内を明るくするだけではなく、自分好みの雰囲気を演出する用途があります。現在では様々なデザインの照明器具が販売されていますが、それぞれの製品の特性を把握することがインテリア照明を活用するためのコツになります。特に家族全員が集まることが多いリビングは誰にとっても居心地が良い空間であることが求められるので、使用する照明器具も家庭的な雰囲気を醸し出す物を優先して選ぶことが大切です。また、近年ではおしゃれなデザインの照明器具を安価で購入できる販売店や通販サイトが増加しているので、複数の製品を比較したうえで自分の好みのイメージに合致している製品を選ぶことができます。その一方で照明器具は毎日使用することが前提なので、安全性や取扱いのし易さも重要になります。埃などの汚れが付着しても簡単に除去できる他、点検や部品の交換作業を迅速に行うことができる形状であることが安全性の保持に繋がります。

pickup

屋形船に乗る
http://www.nawayasu.com/
上野で脱毛をする
http://juwell.net/

最終更新日:2017/3/2