インテリア照明にしたいアイテム!ペンダントライト

その昔は日本では和室が一般的でしたが、近年はフローリングタイプの家も多くなり、洋室の雰囲気に合うインテリア照明のバリエーションも豊富になってきました。その中でも、ペンダントライトは、天井から吊るすタイプの照明で、オシャレでスタイリッシュなデザインのものが多くなっているので、照明をこのタイプに変えるだけで部屋の雰囲気がぐっと変わります。メインの照明としてももちろん使えますし、部屋のアクセントとしても取り入れることができます。ランプタイプのデザインや、木製のシェードでナチュラル感を演出できるタイプなど素材もデザインも様々です。和室でも洋室にも合うペンダントライトも数多く登場しているので、好みのテイストや飾る場所、部屋のインテリアに合わせてチョイスすることができます。白熱電球を使用するもの、蛍光灯を使うもの、複数灯を使用するものなどがあります。ダイニングテーブルの上に取り付ければ、食卓を明るく彩り、存在感のあるインテリアになります。

ペンダントライトをインテリア照明に活用してお洒落空間に

近年ではインテリアにこだわりを持って、自分の部屋をカフェ風のような部屋にしたいという方も多くなっています。手軽に部屋の雰囲気を変えるられるアイテムとして人気なものの一つが、ペンダントライトです。天井から吊り下げて使うタイプの照明器具のことですが、キッチンやダイニングに小さめのペンダントを使えば、オシャレなインテリア照明になるので、部屋をカフェ風の空間に変身させることができます。天井から吊るすコードの長さを調節することで、ライトの光に表情が生まれます。ベストな長さにするためには、近くと遠くから見てバランスを考えてちょうど良い長さに調節するようにしましょう。素材もデザインも実に様々なものが出ていますが、違う種類のペンダントライトを組み合わせてみてもお洒落です。その時のコツは、素材や色合いを統一させると、ちぐはぐな印象がなくなってまとまりのある部屋になります。アンティークタイプのライトを取り入れれば、手軽にアンティーク調の部屋を演出できます。

Favorite

薬剤師の転職をサポート
https://www.pha-navi.net/

Last update:2017/3/10