インテリア照明をスタンドに変えてみる

インテリア照明を変えると、部屋の雰囲気が一新します。天井につけるタイプの照明は、部品などが必要なこともあり、特に賃貸住宅では変更しにくい、というのがデメリットです。また、小さめの照明だと、棚やテーブルなどに置くことになるので、ある程度のスペースが必要です。そこで、スタンド式の照明がとてもお勧めです。コンセントがあれば、部屋中どこでも移動することができます。たとえば、玄関に置くことで、足元が明るくなり、靴の脱ぎ着もしやすくなりますし、玄関に入った時に明るければ、第一印象がぐっとアップするでしょう。部屋のコーナー部分に置いた場合、反射した光で部屋を広く見せることもできます。寝室に置く場合には、光の強さを調整できるものが良いでしょう。就寝時には、光を落として落ち着いた空間を演出できます。最近では、アロマの機能のついた照明も販売されていますので、リラックス空間の演出に一役買ってくれることでしょう。

いろいろなシーンで活躍するインテリア照明!スタンドライト

インテリア照明の中でも、スタンドライトはその用途が多様です。一番先に、デスクで使われるものを思い出す人も多いのではないでしょうか。勉強やデスクワークの際、手元を明るく照らし出し、作業をはかどらせてくれます。また、ベッドの枕元に置かれるものは、就寝前の読書など、リラックスできる空間を演出してくれます。フロアスタンドは、補助照明として、より奥行きが感じられる部屋にすることができ、またおしゃれなデザインで部屋全体にアクセントをつけることができます。和風のスタンドライトは、一般家庭の和室だけでなく、旅館や料亭など、和風のお店で使われています。和紙を使用するなどして、より日本的な雰囲気を醸し出しているものや、和風テイストとモダンなデザインを統合したユニークなものもあり、どんなお部屋でもセレクトできます。最近ではLEDを利用した商品も多く出回るようになり、より経済的で長持ちするインテリア照明となっています。

pickup

屋形船に乗る
http://www.nawayasu.com/
上野で脱毛をする
http://juwell.net/

最終更新日:2017/3/2